幾何学的・空間的推論

コンピテンシー

われわれのデジタルデザインや製造の根本原理においては,現代のものづくりの複雑さに対応するためにコンピュータ利用のデザインツールの再考が求められます.PARCでは,多様な材料特性を伴った,様々なレベルでの形状の詳細な表現を可能にする次世代CADツールを構築しています。例えば,周期的ないし非規則的な格子構造,骨,傾斜機能材料構造などです。これらの新たな表現を利用することで,複雑な形状に関する数値演算を必要とする物理的分析が可能となります。

われわれは,製造可能性,そして,機械加工・付加製造・付加製造と除去製造を組み合わせて新たに現在形成されつつあるプロセスに関するプロセス計画を作成するための,自動的推論および空間計画も専門としています。われわれの幾何的表現に関する専門性は,人間のデザイナーが,インタラクティブにウェブベースのフロントエンドにあるデザインを可視化し,精査し,それに注釈を付けるための新たなユーザー・インタフェースを創出することにも及んでいます。

帕洛阿尔托研究中心に関する追加情報は以下のリンクをご利用下さい

焦点領域

弊社は,科学と技術の未来であると私たちが捉えている一連の焦点領域を中心として取り組んでいます。

詳細については
商業化の機会

弊社では継続的に新技術の開発を行っており,その多くはライセンス契約として利用可能です。

詳細については
ニュース

帕洛阿尔托研究中心の科学者とスタッフは,科学技術業界の活動的なメンバーであり,貢献者です。

詳細については